2017年4月26日水曜日

4月26日 めがねさんのデッキ紹介「マッスルカウンター」(SMシリーズ限定構築)

みなさんこんちわ~!めがねさんです┏◎-◎┓
元気にポケモンカードしてますか?

今回は、「強化拡張パック 新たなる試練の向こう」が発売される前に使っていたデッキを一つ紹介します。
発売後は、少し新しいカードを加えて使ってます。

デッキ名「マッスルカウンター」(SMシリーズ限定構築)
ポケモン:16
エネルギー:12
2 イワンコ(SM2L)
2 ルガルガンGX(SM2L)
3 ワンリキー(SM2K)
3 ゴーリキー(SM2K)
2 カイリキー(SM2K)
2 ケンタロスGX(SM1M)
2 カプ・テテフGX(SM2L)
8 基本闘エネルギー
4 ダブル無色エネルギー
トレーナーズ:32
――<グッズ>――
4 ハイパーボール
1 タイマーボール
2 エネくじ
2 レスキュータンカ
2 ポケモンいれかえ
2 ポケモンキャッチャー
1 フィールドブロアー
――<ポケモンのどうぐ>――
1 学習装置
2 こだわりハチマキ
――<スタジアム>――
3 せせらぎの丘
――<サポート>――
4 リーリエ
2 ハウ
3 ククイ博士
1 イリマ
2 ハラ

カイリキー(SM2K)を活躍させたくて、作ってみました。(公式リンク→
ワザ「おれいまいり」は、これまで登場したカウンターワザのなかでも、とてもユニークな効果です。
それは、前の相手の番に、相手がとったサイドの枚数×「80」ダメージを追加するというもの。
つまり、相手がサイドを1枚とっていれば「100」ダメージ、2枚とっていれば「180」ダメージとなります。
GXポケモンが[きぜつ]させられた後は、基本的にサイドを2枚とられるので、そのタイミングが絶好のチャンスです。
スムーズに「おれいまいり」が使えるように、カイリキー(SM2L)基本闘エネルギー1枚か学習装置をつけておくのがポイントです。

カイリキー(SM2K)の前に戦うメインのGXポケモンとして、今回はケンタロスGX(SM1M)を採用しました。
ケンタロスGX(SM1M)はすべてのワザをダブル無色エネルギー1枚で使えるため、序盤からガンガン攻めていくことができます。

ルガルガンGX(SM2L)も強力な特性とワザをもちます。
特性「ブラッディアイ」は、進化したときに1回、好きな相手のベンチポケモンをバトル場に出させる効果があります。
「おれいまいり」で確実に仕留めたいポケモンを無理やり引きずり出すことができると効果的です。
GXワザ「デスローグGX」も、相手のベンチポケモンがたくさんならんでいれば大ダメージを出せるので、切り札となり得ます。

ゴーリキー(SM2K)の特性「におうだち」もさりげなく強力です。
ゴーリキー(SM2K)がいれば、自分のベンチポケモンが相手のワザや特性によるダメージやダメカンをのせる効果を受けなくなります。
相手によっては、ベンチに1体出しておきたい特性ですね。

序盤はダブル無色エネルギーをはやく手札に引き込みたいので、エネくじを2枚採用しました。
もちろん基本闘エネルギーも選ぶことはできるので、無駄打ちになりにくく使いやすいグッズです。

せせらぎの丘は、自分の番ごとに山札から水タイプか闘タイプのたねポケモンをベンチに出せる、とても便利なスタジアムです。
ワンリキー(SM2K)イワンコ(SM2L)を早めに並べて、進化の準備をしましょう。
他のタイプのポケモンは選べないので、1枚をネストボールにしても良いかもしれませんね。

「強化拡張パック 新たなる試練の向こう」が発売されてからは、カイリキー(SM2K)1枚をカイリキーGX(SM2+)へ入れ替えています。
3つのワザすべて、相手に単純に大きなダメージを与えられるGXポケモンで、このデッキのちょっとクセのある他のポケモンが戦いにくいときに、使いやすいです。

また、サポートのライチも1枚入れました。
このデッキはルガルガンGX(SM2L)ケンタロスGX(SM1M)カプ・テテフGX(SM2L)カイリキーGX(SM2+)と、いろんなGXポケモンが入っているので、状況に応じてライチで選んでもってこられるのはとても便利です。
特に、カプ・テテフGX(SM2L)をベンチに出す→特性「ワンダータッチ」でライチをもってくる→ライチで山札からルガルガンGX(SM2L)をもってくる→特性「ブラッディアイ」で相手のベンチポケモンを呼び出す、という流れが強力です。

4月29日はひがっちに行けます!
でわでわ、またひがっちで会いましょ~ノシ

0 件のコメント:

コメントを投稿