2017年8月12日土曜日

8月12日 ジムバトルinひがっち&デッキ紹介「ヤドキング流究極奥義 無刀陣」(SMシリーズ限定構築、スタンダード)

みなさんこんちわ~!めがねさんです┏◎-◎┓
元気にポケモンカードしてますか?

夏真っ盛りということで、暑い日が続いておりますね。
めがねさんも最近は暑さで夏バテ気味です・・・
こまめな水分補給が大事ですね。

今日はひがっちに行ってきました。
新しいデッキで対戦もしてきましたよ~(≧▽≦)




キテルグマGX(SM-P)フシギバナ(SM3+)を組み合わせたデッキで挑戦中。
相手のルガルガンGX(SM1+)に弱点を突かれるのが痛いところですが、ここぞというところでワザ「ダブルインパクト」を放ちます!!
・・・が、なんとビクティニ(SM2L)の特性「しょうりのほし」もあわせて、全部コインウラ・・・( ゚Д゚)
返しのワザ「アクセルロック」の弱点込みの「340」ダメージで、はかなく散りました。

もう一つ新デッキのヤドキング(SM3+)も使ってみました。
自分の手札を0枚に調整しつつ、ワザ「まるごし」で戦うデッキです。
相手の手札がかみあわないことにも助けられ、ガンガン「まるごし」で攻めていきました。

今回は、使ったデッキを一つ紹介します。
もう一つのデッキも、また後日紹介しようと思います。

デッキ名「ヤドキング流究極奥義 無刀陣」(SMシリーズ限定構築、スタンダード)
ポケモン:13
エネルギー:8
4 ヤドン(SM2L)
4 ヤドキング(SM2+)
4 ヤレユータン(SM1M)
1 カプ・テテフGX(SM2L)
4 基本超エネルギー
4 ダブル無色エネルギー
トレーナーズ:39
――<グッズ>――
4 ハイパーボール
4 ネストボール
4 クラッシュハンマー
2 まんたんのくすり
2 フィールドブロアー
3 レスキュータンカ
4 ロトム図鑑 ポケファインダーモード
――<ポケモンのどうぐ>――
2 こだわりハチマキ
4 ムキムキダンベル
――<スタジアム>――
2 月輪の祭壇
――<サポート>――
2 マオ
4 プルメリ
2 グズマ


ヤドキング(SM2+)を使ってみたくて、組んでみました。(公式リンク→
いかにワザ「まるごし」をうまく使いこなせるかが、今回のデッキのテーマです。

「まるごし」は、エネルギー3個で「110」ダメージと、平凡なダメージのワザです。
しかし、その効果がとってもユニーク。
なんと、自分の手札が1枚もないときに限り、エネルギーがついていなくても使うことができます!(`・ω・´)≡3
まさに丸腰のときに効果を発揮する、面白いワザですね。
HPは「120」と1進化ポケモンとしては平凡ですが、ムキムキダンベルをつければ「160」となり、意外と相手のワザにも耐えられるようになります。
エネルギーがついていない状態で戦えるので、まんたんのくすりとも相性が良いです。

手札を意図的に0枚にするのは、普通に手札からカードを出していくだけでは、けっこう難しいです。
自分の番に1枚しか使用できないエネルギーカードやサポートが手札に2枚来てしまっただけで、お手上げです。
そこで、手札をトラッシュする効果のカードをうまく使うことで、手札を0枚に調整していきます。
いちばん使いやすいのは、ハイパーボールですね。
手札が3枚のときに使えば、他の2枚をトラッシュして、山札からすぐに場に出せるポケモンを持ってくれば、手札を0枚にすることができます。
場にポケモンを出せない状態でも、「ポケモンを山札から持ってこない」こともできます。

もう一つの手札をトラッシュするカードが、プルメリです。
これは、手札を2枚トラッシュして、相手の場のエネルギーを1個トラッシュさせる効果があります。
相手のワザの妨害をしながら、手札を調整できるため、一石二鳥です。

さて、ただ手札を0枚にするだけでは、その後につかえるカードが手札になくなり、次のヤドキング(SM2+)を育てることができません。
必要なカードを山札から引きつつ、最後には手札を0枚にするためには、どうすればよいか・・・。
めがねさんが注目したのは、ヤレユータン(SM1M)です。
特性「さいはい」は、手札が3枚になるまで山札を引く効果があります。
この「3枚」というのがポイントで、ちょうどハイパーボールプルメリで手札を0枚に調整しやすい枚数なのです。
手札にハイパーボールプルメリを1枚キープしつつ、「さいはい」を何度か使用して必要なカードを山札から引いて使い、最後にハイパーボールプルメリを使って手札を0枚にします。
ヤレユータン(SM1M)がベンチに3体出ていれば、「さいはい」が3回使えるので、けっこうな枚数のカードを使うことができます。

ロトム図鑑 ポケファインダーモードがあれば、「さいはい」の前に使ってみましょう。
最後に手札を0枚にするよう、使うカードをイメージしながら、並べ替えます。
無理そうなら、山札を切ってしまうのもアリですね。
マオで確実に使える2枚を山札の上に持ってきてから、「さいはい」を使うのも面白いです。

最後に、このデッキはヤドキング(SM2+)だけで戦おうとすると、どうしても手札を0枚にできなくてワザが使えなくなる場面が出てきます。
そのため、ヤレユータン(SM1M)カプ・テテフGX(SM2L)が緊急発進できるよう、隙あらばエネルギーをつけておきましょう。
こだわりハチマキも、これらのポケモンにつけておくと、いざというときに役に立ちます。

ヤドキング(SM2+)は、はっきり言ってしまうと扱いにくいポケモンです。
しかし、他のポケモンにはない独特な攻め方、デッキの構築ができて、とても面白いポケモンです。
こういったポケモンをいかに活躍させてあげるか、というのも、ポケモンカードの醍醐味かな~と思います。
今後、手札をトラッシュするトレーナーズなどが充実すれば、さらに活躍が期待できるかもしれませんね。


来週もひがっちに行けると思います。
仕事終わりで向かうので、ジムバトルには間に合わないかもですが・・・(´・ω・`)
できるだけ急いで向かいたいと思います!!
でわでわ、またひがっちで会いましょ~ノシ

0 件のコメント:

コメントを投稿